岩木山は標高1625mながら津軽平野の中央に位置する津軽の象徴的な
存在である。岩木山の見えるところが津軽だという説があり、人間国宝の
志村ふくみ氏が小社創立90周年のときに津軽を訪れた際に「岩木山に見
守られているような」という感想をつぶやかれたことがあった。

前のページに戻る