素朴

今年も日本民芸協会の「夏季学校」の季節になった。和紙っぽい風合いの紙に木版画調で刷られたポスターは中々雰囲気がある。素朴というか、いかにも民芸である。
タイトルも決して洗練されたものとは言えず、いやむしろ稚拙と言われそうな字体だが、そこが親しみを感じさせてまたいいのである。そういえば百術は一誠に如かずという言葉があった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です