白布の建物

向かいの公園にねぷた小屋が建った。8月1日からねぷたが始まる。もう一月とちょっとだ。
津軽地方は梅雨入りしたのだが、ここしばらくは雨はふっていない。日中は日差しが強く暑いくらいだが、朝夕はまだ涼しいというか寒く感じるときすらある。5月はあんなに暑かったのに、6月に入ってからは涼しいものだ。田んぼに水が入ると涼しくなると良く聞いたことがある。それでも確実に季節は移っていく。

ハンディキャップ

untitled

聾学校の生徒さん数名が見学に来た。津軽塗の出来るまでを塗見本を見せながら、説明をする。それを引率の先生が手話で伝える。短いフレーズで簡潔に言わないとと心がけた。結構、飽きずに聞いてくれた。
その中に中学生くらいだろうか、小柄で可愛らしい少女が立っている。勿論一言も口を利かない。右目は普通の黒い瞳だが左目は水色だ。眼にも障害があるのだろうか。中学校の同級生に同じ色の瞳をした子がいた。彼も片方の眼は視力がかなり低かった。
聾唖というだけできついハンディキャップなのに。聞くこともできないし尋ねることも出来ない。行く末の幸せを祈らずにはいられなかった。

会えなかった祖父

昨日は祖父・田中正雄の月命日だった。私が生まれる2年前に亡くなっているので、会ったことはない。真面目で腕の良い職人だったという。
連れ合いの祖母・さたが嫁に来た時に「役者のところに来たのかと思った」と孫の私は聞かされた。子供だった私はそのまま何気なく聞いていたのだが、今から考えてみれば明治の女性にしてはかなり大胆なノロ気だったのではないか。他の大人には勿論言うはずもなかっただろうが、何も知らない幼子に、心の内を言ってみたのだろうか。
親の若いころは勿論知らない。まして祖父祖母ともなれば全く分からない。彼彼女らはどういう思いで毎日を暮らし、どういう思いで一生を過ごしたのだろう。

蛇口が付いた津軽塗

津軽塗の焼酎サーバーである。勿論ウイスキーでもバーボンでもOK。グラスを置いてコックをひねると好きな分量のお酒をスムーズに注げる。パーティーなんかで披露すれば話題独占は間違いがない。木地はガラス製なので洗う時も簡単である。ガラスに塗れる漆が出来て津軽塗の幅が大分広がった。以前はガラスに薬剤を吹き付けてスリガラス状態にしないと出来なかったのだが、伝統工芸も進化しているのだ。

(直径15cm×高さ31.5cm 45,360円)

雑草

石とコンクリートの僅かな隙間に土があるのだろう。そこから小さな草が生えて来た。小さいながらもしっかりと三つ葉になっている。ここは田中屋の一番町側の戸口の前の踏み石である。偉いものだ。毎朝、如雨露で水を撒いていいるから、知らないうちに私が育てたようなものだろう。
雑草とはいえ健気げな姿に採りにくくなった。まぁ行き来に差し支えないどころか、気付く人も居ないくらいだろうから、このままにしておくか。