鞘塗

刀の鞘塗の特注が仕上がった。刀と言っても脇差だが、立派なものである。受注主は居合の高段者でもある。津軽塗のような変塗(かわりぬり)は元々鞘塗という異名を持ち、刀の鞘に塗られたものだが、本当の鞘塗をしたのは初めてのことだ。
唐塗の青上(あおあげ)だが中々似合っていると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です