明治37年第五十九銀行本店として新築落成された。設計施工は「明治の
名匠」といわれた堀江佐吉。ルネッサンス風建築様式でシンメトリーな美しさ
と構造的技術的も高い水準のものとして、昭和47年国の重要文化財に指定
された。屋根の先にはバラストレード(手すり壁)が取り付けられ雪止めの機
能を持たせるなど随所に和洋の建築工法の工夫が見られる。
現在は青森銀行記念館として公開されている。

観覧期間 4月1日〜11月30日
       2月上旬の雪燈篭まつり期間中
観覧時間 午前9:30〜午後4:30(ただし時間延長時期あり)
休館日   毎週火曜日
観覧料   一般200円 小中学生100円(ただし無料期間あり) 

前のページに戻る